バイアグラの偽者について

バイアグラ開発秘話

バイアグラは元々は米国のファイザー社が狭心症の治療薬として開発した薬です。その時点ではバイアグラという名前ではなく、シルデナフィルという名前でした。このシルデナフィルは1990年代の前半に狭心症の薬として研究と開発が始まったのです。

 

狭心症の治療としてはたいした成果もあげられず、臨床試験において被験者に配った薬の返却を求めたところ、被験者からは、返却を拒否する人たちが続出したのです。研究者達が被験者に対して理由を聞いたところ「アソコの勃起力がすごいから返したくない」という返事が多くあったと言われています。

 

その為、ファイザー社は勃起不全EDの薬としてバイアグラと命名し薬の販売に踏み切ったのです。1998年にアメリカで販売後にまたたく間に大ヒット商品となり、日本でも一大バイアグラブームが起きました。日本でも個人輸入代行により手に入れる人が殺到しました。しかしながら、主に血圧などが高い人間が服用した場合に心配停止となる死亡事故が相次いで起こりました。※これは米国版の容量の大きいものを日本人が飲んだのが原因と言われています。

 

このため、事態を重く見た厚生省は、医師の処方箋なしでは手に入れられないように医療用医薬品として販売という形になりました。日本国内での臨床試験をせずに米国のデーターのみで承認をした結果、これに対して疑問視する声が相次いで起こりました。

 

現在、日本で手に入るバイアグラは25mg、50mgの2種類ですが、海外では100mgもあります。この100mgは日本人の体格を考えると容量が多いこともあり、日本国内では製造承認は認可されておりません。また、このバイアグラは日本で手に入れる為には、お医者さんの処方箋が必要です。お医者さんや薬局へ行くのが恥ずかしいとする人もたくさんいる為、インターネットにより個人輸入代行業者に注文する人も多くいます。バイアグラの偽者についてはこちら。

バイアグラにも負けない日本製の精力剤

元医薬品成分である「シトルリン」が一般サプリメントにも配合が許可されて依頼、多くの精力剤にはシトルリンが配合されています。シトルリンはED治療など多くの患者さんを救った実績があり、副作用もほとんどないことから精力成分としてたいへん人気の精力剤なのです。昔からある動物系の精力剤、植物系の精力剤と配合されることによりさらにシトルリンの働きも高まっています。まずは日本国内の安全な精力剤から飲んでみてはいかがでしょうか?

300種類から選んだ日本製の精力剤!

MOZ
あまりのアソコの成長に業界も驚いた!すごすぎて、レッドリストにも任命されてしまったほどの幻のサプリメント!遂にネット販売のみで数量限定にて解禁です!太さも、長さも、これだけ出かければ、女性が快感のあまり、体がエビぞり状態に反り返る!その名もMOZ!
BIG FACTORY
まさに本物といっても過言ではない陰茎増大方法!14日間水に溶かして飲むだけで、ナノレベルで浸透!元某有名AVメーカー独自制作していた商品が遂に限定一般販売開始!